ジャズ理論講座下巻画像
ジャズ理論講座下巻内容画像

本書の内容(目次)

レッスン16日目
アドリブ その1
ダイアトニック・スケールでアドリブしよう
レッスン17日目
アドリブ その2
ビバップ・フレーズを作ろう
レッスン18日目
スケール その2
チャーチ・モードとその応用
レッスン19日目
スケール その3
ディミニッシュ・スケールとマイナー・スケール
レッスン20日目
スケール その4
ドミナント7thコードのスケール
レッスン21日目
ボイシング その4
両手で弾くオープン・ボイシング
レッスン22日目
コード・プログレッション その5
リハモニゼーションでジャズアレンジを身に付けよう
レッスン23日目
アドリブ その3
ブルースとブルーノート
レッスン24日目
ボイシング その5
ルートも入ったトータルなコード・サウンド!スプレッド
レッスン25日目
ボイシング その6
4thインターバル・ビルドとノンメカニカル・ボイシング
レッスン26日目
アドリブ その4
モード奏法に挑戦しよう
索引

ジャジーランド
ジャズ理論講座 下巻

ジャズを聴くのに理論を学ぶ必要ありませんが、自ら演奏しアレンジするにはジャズ理論の習得は不可欠です。

この本はジャズの演奏やアレンジに必要なコードやスケールの仕組みを、体系的にすっきりと整理し、わかりやすく解説していきます。そして、目指すは自ら音楽を生産できる人になろうということですね。

また、普通なら音符で書いてしまえばそれで済むところを、あえてイラストの鍵盤図を用いて鍵盤上に音をイメージ出来るようにしています。ジャズではクラシックのようにアレンジされた譜面をその通りに弾くのではなく、コードネームを見てその場でアドリブをするわけですから、譜面からの脱却を目指す意味でも、そこを大切にしています。
音符で書いてくれればすぐにわかるのに...、と思う方もいらっしゃるしれませんが、上記理由からなんですね。

この下巻では、アドリブやアレンジメントへの応用力を付けるための、様々な理論やアイテムを紹介していきます。アドリブフレーズの作り方や、ジャズ理論の真骨頂とも言えるスケール理論、ピアノの両手でのコードボイシングやリハモニゼーション(コード付け)のテクニック、そしてモード奏法などなど、ジャズに欠かせない要素が盛りだくさんです。もちろん上巻から引き続き、それらを実践的なワークでしっかりと身に付けていきます。

*この本は、かつてご好評いただいていた「モダンジャズピアノレッスンVol.2」(ドレミ楽譜出版社2003年2月初版発行)を、復刻版として蘇らせたものです。復刻版ですから内容は基本的に変わらないのですが、使用者の方々の声などを参考に、索引の作成、要所要所に細かい改訂を加えました。

価格 本体2,700円+税
著者 中島久恵
仕様 A4菊版/225ページ前後
発売日 2022年5月下旬
ISBN 978-4-910792-01-9
商品カテゴリ ジャズ教則本
楽器種別 全楽器対応
シリーズ

本を購入する

amazon

楽天ブック

紀伊国屋書店

セブンネット

ジャズ教本・楽譜ラインナップ